定期検診を受ける

先生と助手

歯科には定期的に通うほうがいい。痛くなってからでは治療も長引くし、お金もかかる。何より痛いのは辛いからだ。
そこで、歯科によっては半年から一年に一度、定期検診を受けるよう勧められる。親切なところでは案内の葉書が送られてきたりする。

定期検診では、虫歯や歯肉の状態チェックはもちろん、歯石の除去や歯磨きの指導などをしてくれる。後になって痛い思いをする前に、しっかりと予防することが大切だ。なるべく長い間、自分の歯でおいしいものを食べるほうがいい。