矯正歯科について

器具と手

最近では歯科の中でも矯正歯科というところが増えてきています。矯正歯科とは、たとえば八重歯や受け口などのかみ合わせの悪い歯並びを、自分の歯を活かしたまま治療するところとなっています。

人間のあごの発達が悪くなっている現在、このような問題を抱えている人も多くなっているので、矯正歯科も多くなっています。矯正歯科では、ただ単にきれいな歯並びにするということが目的ではなく、咀嚼障害などの問題の解決にもつなげています。

インプラントについて
矯正歯科ではインプラントというものが行われています。これはインプラントを固定源として治療を行うので、歯をしっかりと移動させることができるというのが大きな特徴です。この方法は、今までの矯正とは違って、その治療期間を短縮することができるようになっています。

また装着する器具もすっきりとしているので、生活にあまり支障を来すと言うことがありません。またインプラントは、しっかりとした効果を得ることができます。

歯科での治療

治療器具

歯科での治療は虫歯の治療と言うことを一番にイメージします。昔は暗くて怖いというイメージがあったほど、機械がたくさんあり、治療も痛いと言うことが多かったのです。したがって小さな子どもは特に治療に行くのをいやがっていました。
しかし最近絵は歯科のイメージも変わってきています。それは明るくて先生も優しいと言うことです。

最近では虫歯の治療の他に、歯石の除去や入れ歯に関しての相談などを行っているところが増えてきています。

他の矯正歯科との比較

囲まれている患者さん

なくした歯を再生する従来の矯正歯科では、健康な歯を削る“ブリッジ”が主に選択されていました。しかしブリッジでは健康な歯にも影響をおよぼすこと、また土台である骨や歯茎にも大きな負担をかけます。

最もメジャーな“入れ歯”はコスト的な面で言えば他の方法に優っています。しかし、歯の間隔に違和感を覚えやすく、咀嚼する能力も格段に低くなります。インプラントは歯科技術の中でも高い性能を誇りますが、他の方法よりは高いコストが必要になります。

インプラントとは

押さえられる人

インプラントは歯科技術の1つです。怪我や事故、加齢などによって失った歯を人工的に再現することを目的としています。施術は大きく分けて3つのステップに分類されます。

まずは、フィクスチャーと呼ばれるネジを歯ぐきに埋めることです。次にこのフィクスチャーにアパットメントと呼ばれるカバーを被せます。アパットメントはネジと歯を連結するために必要なパーツです。こうして土台と連結部分が完成したらその上に人工の歯をかぶせて完了です。

インプラントの利点
インプラントは歯科技術の中でも高い人気を誇っています。まず第一に言えることは見た目が人工歯だとわかりにくいということです。色や形などを専用に作るため、間近でじっくり見ても他の歯と違いがわからないのです。

咀嚼に関しても歯科技術でできる施術の中では最も強い数値を誇ります。元々の歯と遜色ない能力を発揮します。このような矯正歯科は施術を受けた本人が違和感を覚えることもありますが、これに関しても極めて通常と似た感覚の再現に成功しています。